根来寺というお寺のおかげでユーモアに目覚める

Sponsored Link

この記事は、根来寺の記事を「あとがき」として、残したものです。

皆さんも、社会人(または学生の方も)であれば、真剣な話し合い、お偉いさんのスピーチ、葬式等で厳粛な場面に出くわすこともあると思う。

そんな厳粛な場面で、つい思い出し笑いをしそうになってしまうことが何度かないだろうか?

私はある。

思い出し笑いをしそうになったら、当然その場で声を出して笑うわけにもいかず、

「気にすまい」
「気を逸らさねば」

と思うようになり、そうなると人間の心理上、余計に我慢ができなくなる。
そんな時は、うつむいて、頬の内側をギュッと噛み、こぼれた笑いを咳払いで誤魔化す必要がある。

もっとも、

「厳粛な場面で、思い出し笑いをしそうになるなど言語道断!」
「集中力がない!」

と言われてしまえばそれまでだが・・・。

つまり、なにを言いたいのかと言うと、今回、根来寺の記事を書くにあたり、とあるギャップにやられてしまったのだ。

そう、根来寺という由緒あるお寺の記事を書くのだから、厳粛に書くつもりだったのだ。
しかし、その中でものすごいギャップを見つけてしまったのである。

それは一体なんなのか・・・。

ゆっくり説明していこう。

まず、根来寺の歴史をまとめたまでは真面目だった。

そして、こんな考えをしたのが間違いの始まりだった。

「このままでは文章が堅すぎるから、少しくらい箸休めを入れるか」

そう思ったその後の転落は速かった。

ネタを探しているうちに、以下のことを知った。

・Pokémon GOの問題
・友ヶ島の存在
・中央構造線の存在
・香川県の根香寺を発見

その瞬間、全てが一直線につながったのだ。

その閃きに従って書いてみたら、真面目に書いた歴史の概要さえ伏線にした、古寺の紹介にあるまじき記事になってしまった。

だが私は謝らない。
ユーモアの方向へ導いたのはきっと、根来寺が持つ厳粛な空気なのだから。

さて、具体的には一体なんのネタ・ユーモアなのか、それは実際に記事を読んでいただきたい。 根来寺の記事

お気づきになった方もいるかもしれないが、他の記事は大抵、コラムの見出しが3-1、3-2、3-3と三段構成なのに対し、根来寺だけ3-5まで存在する。

その理由はもちろん、あまりにもネタが多かったせいだ。

実はLIVE COMBSは当初、全ての記事を真面目な内容で書く予定だった。

しかし、LIVE COMBS開設当初に書いた5つの記事(袋田の滝・沖永良部島(知名町和泊町)・根来寺琴引浜)の内、根来寺の出来が突出して良かった。

そのため、根来寺からユーモアを削って他の記事と同じにするよりも、他の記事にユーモアを加えて根来寺に近づけようと私の中で判断したため、現在のようなユーモアとユニークさを優先した記事内容となったのだ。

つまり、LIVE COMBSが今の形になったのは根来寺のおかげである。
きっとこれも根来寺の御利益なのだ。
ありがたやありがたや。

おかげで、どこのサイトにも載っていない独自のネタを絞り出すのに大変な苦労をしているのだが、それはまた別の話。
私の成長のために七難八苦を与えられていると好意的に解釈しておこう。

私は最初に根来寺の風景を見た時、あの場所はきっとこんな風景なのだろうと思った著書がある。

藤原正彦は『心は孤独な数学者』で、天才を生み出すのは美しい風景であると説いていたが、インドの大天才数学者・ラマヌジャンに関しては、彼が生まれ育ったクンバコナムという町に恐ろしく美しい寺院が存在すると綴っていた。
私にはその恐ろしく美しい寺院のイメージが根来寺とピタリと符合したのである。

となれば、根来寺のある岩出市からは偉大な数学者が輩出されているに違いない。そう思ったのだが、調べてみる限り、そのような人物は見当たらなかった。

その代わりに、興味深い人たちが岩出市出身であることが判明した。

体操で3人同時にオリンピックに出場した田中和仁・理恵・佑典の田中3兄弟だ。

技の美しさを競う体操において、美の感覚を養える環境はとても有利だったに違いない。

もちろん、田中3兄弟が根来寺で美的感覚を磨いたかは知る由がない。

そういえば、高校の頃、生物の教師がこんなことを語っていた。

「数学が得意な人は座標を意識して描くからか、絵が上手い人が多い」

芸術と数学は密接な関係にある。

子供に才覚を芽生えさせたいなら、美しい風景をとにかくたくさん見せるべきだろう。

Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA