ニシツノメドリの巣穴/Puffin Burrow|アメリカメイン州のライブカメラ映像・観光

ニシツノメドリの巣穴/Puffin Burrowのライブカメラ

Sponsored Link

ライブカメラの映像

Array

ライブカメラの仕様

ライブカメラ映像詳細
カメラ機種 -
配信種類 リアルタイム動画
配信方法 Youtubeより配信
配信日時・期間 24時間365日
ライブカメラ操作詳細
視点切り替え 不可
カメラズーム 不可
カメラ解像度変更
明るさ調整 不可
音声 あり
過去の映像・画像 あり
配信元 EXPLORE.org

ニシツノメドリの巣穴/Puffin Burrowについて

アメリカ合衆国メイン州のシール島にあるニシツノメドリのライブカメラ映像です。

ライブカメラ映像について-INFO

メイン州の海岸から21マイル(33.8km)離れたシール島にあるこのカメラは、ツノメドリが春と夏の間に子育てをする巣穴に接近したライブカメラ映像を届けます。このライブカメラ映像は時に潮汐の変化による海面の光の反射や濃霧の発生などの影響を受けます。もしも配信が中断していても、チャンネルをそのままにしておけばすぐに復旧します。

このライブカメラ映像についての質問-Q&A

毎春、ニシツノメドリは巣を作り子育てをするために、シール島国立野生動物保護区にあるような岩肌の海岸や崖に上陸します。このツノメドリの巣のライブカメラは画面の前のあなたをメイン州の海岸から21マイル(33.8km)離れた島のツノメドリの親子の最前列の席に連れて行きます。

Q.ツノメドリは毎年同じ場所で子育てをしますか?

A.ツノメドリは秋と冬を海で過ごした後も同じ巣に戻ります。それだけでなく、毎年同じパートナーと再開することもあります。

巣作りの場所として、ツノメドリは泥の中に居心地のいい穴を掘ります。ツノメドリの巣穴は長さ3~7フィート(0.91~2.13m)で、複数の部屋があります。羽毛や草を使って岩の下や割れ目に巣を作ることもあります。

Q.ツノメドリは毎年何羽の雛を産みますか?

A.メスは一般的に卵をひとつ産み、オスとメスの両方が抱卵します。ツノメドリの夫婦は39日から43日間、翼と脇腹の間に卵を抱えて温めます。孵化した雛はその日のうちに巣穴の周りを動くことができます。両親は45日間子供にエサを与え続けます。シール島ではほとんどの雛はヘイク(タラに似た魚)やニシン、イカナゴを食べます。

Q.エサ運びを見れる時間帯はいつですか?

A.エサ運びはいつでも行われます。しかしその多くは午前6時から10時の間に見られます。

Q.雛はいつ巣立ちますか?

A.ツノメドリの雛は孵化して45日後に羽毛が生えそろい、両親の手助け無しに夜の海に向かって羽ばたきます。巣立つ時の体重は生存できるかどうかを見るための良い指標です。より多くの脂肪を蓄えた大きな雛ほど、海での生活によく適応する傾向があります。

およそ5歳になるまでは繁殖を始めませんが、雛は2歳になると巣立った島に初めて戻ることがあります。興味深いことに、ツノメドリのつがいは時に最初の巣作りの前に1年間の婚約期間を持ちます。

野生では、ツノメドリは20年かそれ以上生きることができます。

EXPLORE.orgより抜粋・翻訳

ニシツノメドリの巣穴/Puffin Burrowの天気

メイン州の現在
現地時間: 10:35

Vinalhaven

曇り
温度:2.7
湿度:93
風:5.46m(北)
日本との時差:14時間
UTCとの時差:5時間

ニシツノメドリの巣穴/Puffin Burrowの周辺地図

Sponsored Link
0:00-4:00がオススメ